TOKYO AROUND30's MONEYBOOK

▶︎▷トーキョーアラサーマネーブック…仕事を辞めたくて考えたお金のあれこれ。

積立てNISAの設定完了!積立NISAで老後資金を貯める!



にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

 

明けました!2018年に突入しました!

ってことで早速、

今年から始まる積立NISAの設定をしました!

え?積立NISAって何?おいしい?それ、おいしいの???

って方がいるかもしれないので一言言わせてください。

「食べれないよ!でもある意味おいしい制度だよ!」

イデコ程おいしくはないですが( ^ω^ )

でも運用にはもってこい( ^ω^ )

積立NISAをざっくり解説すると…

*最長20年間非課税の積立て投資向きのNISA=積立NISA

株で利益をあげると国からヤクザのごとく20%も税金を取られますが、NISAを利用するとこの税金がかかりません!普通のNISAとこの積立NISAの違う点は非課税枠(金額)と非課税期間。普通のNISAは年間120万円までで非課税期間5年間の短期投資向き。この積立NISAだと非課税期間最長20年間ですが年40万円まで。名前の通り積立て投資向きなのです!併用ができないので投資スタイルによってどちらを使うかを選ぶことになります。

 

ということでこれを踏まえて私が今回どのように積立NISAの設定をしたのかまとめてみたいと思います!

f:id:natsupocha:20180103004225j:image

*旦那の口座で積立NISAを始めました!

上でも触れましたが、この普通のNISAと積立NISAは併用ができません。そして積立NISAの場合、規定をクリアした投資信託商品でしか積立てができません。もちろんこの投資信託商品での積立て買いももちろん良いのですが、一般株や米国株も買っていきたい!なので私は今まで通り普通のNISAを持ち、旦那に積立NISA用に口座を開けてもらったのです!

投資信託は積立ててこそ力を発揮する!

私は去年から勉強がてら投資信託を始めました。そこで気付いたことは

・株のように値動きが激しくない

・分配金で少しずつ資産が増える

・放置するだけではあまり意味がない

ということ。株よりもリスクが少なく、寝かせていてもそこまで資産は増えない。積立ててこそ資産の増加と分配金で複利の力が働くのだなと実感しました。

ただし投資信託の悪い部分、

×手数料の高さ

これが積立てのし辛さでもありました。(買付手数料も信託報酬もえげつない程取られるのです。笑)

ですがこの積立NISAの商品は『買付手数料ナシ』『信託報酬』も低く設定されています。その代わりに分配金が少ないのですが、このお陰でなんの抵抗もなく積立てができるようになったのです!

*2018年1月より毎月3万円の積立てを始めます!

年間40万円を12ヶ月で割ると3万円ちょっとなので、キリよく3万円ずつ積立てることにしました!ボーナス月の設定もできたのでそれを使うと年間40万ぴったり積立てることができます。

積立ての投資内容ですが、日本を覗く先進国株関連の商品に2万円、新興国株関連の商品に1万円の割合にしました。将来的に見ると新興国の方が伸びそうですが、やはり先進国の株は値動きで見ても硬いので先進国の比率を高くしました!

*イデコと積立NISAで老後の生活費を貯蓄しよう!

以前老後に必要な資金の計算をしました。大体の計算ですが老後までに約3,000万円、年利3%で月4〜5万円を貯めていかないといけない計算になりました。

去年から我が家はイデコで毎月2万円拠出し始めたので、残りの3万円はこの積立NISAで貯めていきたいと思います!

*まとめ

何も知らないで資産運用をすると馬鹿みたいに税金や手数料を取られます。ですがこのNISAの制度やイデコを使うと不必要な税金は取られなくて済むのです!NISAやイデコは国が推進する初心者でも投資・運用をしやすくする制度です。もし株や投資信託始めてみようかな、なんて人は是非このNISAを使ってみてください* 

*関連記事